行政書士を独学で勉強する術|未来の道しるべ

女性

効率的に資格を得るには

介護

介護福祉士の受験者の中には、受験対策講座を受講して合格を目指している人が多くいます。受講するメリットは限られた時間の中で効率的に勉強ができ、わからない部分もすぐに質問できる点にあります。資格を取得した人は知識をきちんと身に付けた証明となるのです。

More...

法律の専門資格

勉学

ステップアップ資格

ステップアップ資格としての可能性が大きいと言われる行政書士は、街の法律家としての異名を持っています。近年では代理権を獲得し、業務範囲が拡大していることもあって、法律の知識をフルに活用してトータルサポートできる資格としての特色が評価されています。勉強量に対して取得メリットが大きいのも魅力で、試験内容が他の資格と一部重複しているので、独学で複数の資格を取得することも可能です。独学での利点は、学歴や年齢、実務経験不問などの間口が広い点で、法令等と一般知識等の2科目で、記述式に注意するだけで全て択一式なのもメリットです。いくつかの選択肢から選ぶだけなので、重要な用語や制度をしっかり補足しておくことで、試験慣れしていなくとも回答しやすい魅力が挙げられています。

第一線からの学び

行政書士の資格は、司法書士・公務員などの試験科目が共通するため、次のステップへの基礎固めに独学で受験することもできます。行政書士は比較的、短期間での取得が可能で、最新の試験傾向に独自の分析を盛り込むことも独学では可能です。豊富な過去問題と最新の予想問題に取り組むことで実戦力も養えますが、独学においては、法律を初めて学習する場合には講義や講座などを受けるのも1つの手です。憲法・行政法・民法などは、行政書士としての実務の第一線で活躍する方から、分かりやすい解説を求めることで合格に必要な法律の知識を得ることに繋がります。また理解できる内容のテキストを利用することも独学ではポイントで、例えば、六法についてもマンガなどのイラストからであればイメージも掴みやすくなります。

患者さんの耳となる

筆記用具とノート

言語聴覚士になるためのルートには大きくふたつがあり、四年生の大学を卒業したあとにそのまま大学院まで進む場合と、専門学校を卒業して国家試験の受験資格を得る場合です。両者の大きな違いは受験資格を得るまでにかかる時間で、どちらにも長所があるのでよく考えて上で決めるべきです。

More...

仕事に役立つ教育

ウーマン

ビジネスに活かすことができる資格は、手軽な通信講座が利用されています。仕事をこなしながら教育を受けることができるため、仕事に支障が出ない点でも評価されています。また、企業側や国側がビジネス向けに支援する制度を賢く利用することもできます。

More...