患者さんの耳となる|行政書士を独学で勉強する術|未来の道しるべ

行政書士を独学で勉強する術|未来の道しるべ

女の人

患者さんの耳となる

筆記用具とノート

時間をたくさん確保できる

病気や事故によってうまく言葉を話せない人たちが円滑にコミュニケーションを取れるようにサポートをするのが言語聴覚士です。この言語聴覚士になるためのルートには大きくふたつがあります。まずは一般的な大学を通るルートです。四年生の大学を卒業したあとにそのまま大学院まで進んで国家試験の受験資格を得ます。このルートを選ぶことで、時間的な猶予が比較的たくさん確保できますから、専門的なこと以外にもさまざまなことを勉強できます。言語聴覚士に求められるのは専門的な技術だけではなく、患者さんによりそえるホスピタリティーも当然大切です。大学を通るルートならサークル活動やアルバイトといったさまざまな経験を通してそういった部分を身に付けていけます。また、国家試験の対策にさける時間も当然ながら多くなるので一発合格をすることが難しくなく、浪人をする心配が低いというのも大きな魅力のひとつです。

すぐに実践に入れる

さらには専門学校に通って言語聴覚士を目指す方法もおすすめです。専門学校に通うルートと四年制大学に通うルートとの違いはどれくらいの年数がかかるのかという点です。大学を経る場合には最低でも六年程度はかかりますが、これに対して専門学校の場合には三年程度で国家試験の受験資格を獲得できます。言語聴覚士は高度な技術を必要とする職業ですから実戦で経験を積むことが何よりも大切です。それを考えると少しでも早く現場に飛び出していくことが効果的で、それを可能にしてくれるのが専門学校を通るルートです。ほかにも、専門学校の場合には言語聴覚士に必要な勉強だけを集中してできるというメリットもあります。大学の場合には一般教養のひとつとして第二外国語などの必修科目を必ず受講しなければ卒業できないわけですが、専門学校であればそれらを気にすることなく自分が本当にやりたいことだけに打ち込めます。そういった環境が整っているという意味では専門学校を経て言語聴覚士を目指すというのも悪くはない選択です。